今後期待

色

太陽の取り込みに工夫がいる

現在、再生可能エネルギーへの転換が期待されておりますが、現在最も多い太陽光発電もパネルを置く場所の確保が大変で必ずしも順調に導入が進んでいるとは言えません。最近注目されてきているのがソーラーシェアリングです。ソーラーシェアリングは農地の上空にパネルを設置するという新しい農業と発電を一緒にする新しいビジネス形態です。農地に太陽光パネルを敷くことは農地を減らすことになるので認められていませんが、上空であれば出来るようになり、今後はますますこのソーラーシェアリングは進むものと考えられます

ソーラーシェアリングで重要なことは上級を目一杯覆ってしますと農作物が育たなくなるということです。太陽の光を取組むためにパネルと空間の割合を考える必要があります。農作物も多くのひかりを受けすぎるのも問題があるので適当に上空にパネルがあることは歓迎ということです。現在の研究では太陽光パネルと空間の割合を1対2にすると丁度太陽の光が35パーセント減少して丁度良いという結果が出ているようです。農地の空間に設置する太陽光パネルは通常のパネルよりも細長いものを使います。支柱で支えるので荷重がかからないようにする必要があるうえ、雨の時の雨だれ対策にもなるからです。今後もさらに研究が進んで日本中の農地にパネルが敷かれるかもしれません。