費用に関して

ハケ

ソーラーシェアリングでは、農作物の栽培に必要な日射量は確保した上で、その上に隙間を開けた様な細長い形状の太陽光パネルを被せるという形式で行われるのが基本となっています。 そもそも農作物の必要日射量としては、一定量以上の日射を当ててもその効果を農作物は受けないという考え方が挙げられています。つまり最低限の日射量さえあれば、上に障害となるパネルを設置しても問題ない事になっています。 こうした太陽光パネルは面積などに応じてまちまちとされていますが、パネルの支えとなる架台を含めて、数千万円は準備する必要があると言われています。

そもそも農地においては、ソーラーシェアリングに不可欠な太陽光発電用パネルの設置は認められない、という背景がありました。しかし近年になって法律が改正され、そうした設置が可能になったことに加え、農業やエネルギー面に関する改革への動きを受けて、ソーラーシェアリングへの注目度が上がってきたと言われています。 ソーラーシェアリングの普及には越えるべきハードルもいくつか挙げられていました。主なものとしては、安全な設置と十分な日射量確保、コストを補って余りあるだけの収益システムの確立があります。 このうち、コスト対効果の関係については、近年のパネル性能の進化などもあって回収が期待できるほどになったと言われています。今後は太陽光発電でつくり出した電気の送電に関するインフラの整備や、作物ごとの効率的な日射を確保できる様な、パネル遮蔽システムの確立が重要だとされています。