メーカーごとの違い

壁塗装

国内と海外のそれぞれのメーカーが太陽光発電システムを扱っている

現在は国内、海外の何れのメーカーの太陽光発電システムを選ぶことができ、それぞれ特徴があります。大きな特徴としては、まず国内メーカー製の太陽光発電システムは性能面で優れているものが多く、世界トップクラスの高出力とパワコンの変換効率を誇る機種も国内メーカー製となります。 一方で海外メーカー製の太陽光発電システムは、総じてコストパーフォーマンスに優れており、世界で大きなシェアを持つメーカーの参入も見られます。 各メーカーごとにそれぞれ細かな違いも多いため、太陽光発電システムの導入では、それらの違いを把握することが重要です。例えば出力ワット数だけでなく、パワコンの変換効率もメーカーによって違いますし、モジュールの素材もシリコンやCISなど複数あり、メーカーごとにどの部分が優れているといった特徴があります。

モジュール商品の種類について知って性能について把握する

モジュールとは太陽光発電に用いる太陽光パネルのことです。このパネルを屋根や屋外の日当たりの良い場所に設置することで、太陽光を集積させており、内部にはセルと呼ばれる太陽電池が存在しており、この電池が光を受けることで電圧を生じさせて、それを電気として取り出しています。 このため各メーカーが発売している太陽電池のモジュール商品は、その違いごとに発電効率や量もまた違ってきます。モジュールは多数のメーカーが複数の商品を出しており、屋根の形状や勾配などにも合わせて商品を設置します。 モジュール種類によって、シリコン系とそれ以外のハイブリッド型や化合物型と呼ばれるタイプがあります。またさらにシリコン系の中でも単結晶シリコンや多結晶シリコンといったタイプがあり、それぞれモジュールの性能が違います。